よくある質問

法定相続分を超えると相続税の金額は変わりますか?

Q.母が亡くなり、私と姉と妹の兄弟3人で相続します。父は既に他界しており、父の財産は母がすべて相続したため、母の相続財産は、相続税の基礎控除を超えそうです。自宅は、実家を引き継ぐ私が相続する予定で、自宅の評価額は、私の法定相続分である3分の1を超えそうです。法定相続分通りに相続する場合と、そうでない場合には、相続税の金額もかわるのでしょうか?

A.相続税は、亡くなった方が所有していた財産(債務や葬式費用は差し引き、亡くなる以前3年間の相続人への贈与は加算します)に基づいて計算し、各相続人が相続した財産の割合に応じて、相続税を負担する仕組みになっています。

相続財産の金額に応じて相続税額が決まるため、その財産をどのように分けても、相続税の総額は変わりません。

前のご質問次のご質問

よくある質問・一覧へ

お悩みがある方、お一人で悩まずにまずはご相談ください。相続税専門スタッフが対応しております。

相続申告のお問い合わせはこちら
相続かるた
辻・本郷 税理士法人

私たちは、税務会計をご支援する辻・本郷 税理士法人の相続税専門チームです


上へ

お問い合わせ
0120-912-914
【受付】平日9時〜17時半 ※土日祝除く