税理士が解説する相続税コラム

相続税はかかるのか?~相続税がかからなくても申告が必要

相続税はいくらかかるのか?

相続税の専門家として、日々お問い合わせやご相談をいただきますが、皆さまから「相続税がかかるか?」、「相続税がいくらかかるか?」というご質問が多く寄せられます。

遺産総額と法定相続人の人数で、相続税がかかるのか把握しておくことができますので、事前準備として参考になさってください。 執筆:相続センター 神田事務所

基礎控除はいくらか?

相続が発生した場合、相続財産全てに対して相続税が課されるわけではありません。
遺された人の生活保障等の為に、一定の非課税枠(基礎控除)が設けられています。

基礎控除・・・3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

<例>夫婦、子供2人の4人家族で、夫が亡くなった場合
 → 3,000万円 + 600万円 × 3人 = 4,800万円

基礎控除の範囲内であれば、相続税はかからず、基礎控除を超えた場合、超えた分(以下「課税遺産総額」といいます)だけが課税対象となります。

相続税はいくらかかるのか?

基礎控除を超えた場合、課税遺産総額に対して相続税が課税されますが計算方法は次の通りです。

① 課税遺産総額を法定相続分で取得したと仮定して課税遺産総額を分けます。
② ①に対してそれぞれ相続税率を乗じて相続税額を計算します。
③ ②の相続税額を合計し、相続税額全体を算出します。
④ ③の相続税額全体を実際に取得した財産の取得割合に応じて相続税を負担します。

<例>夫婦、子供2人の4人家族で、夫(相続財産2億円)が亡くなった場合
 課税遺産総額:相続財産2億円 - 基礎控除4,800万円 = 15,200万円

①課税遺産総額を法定相続分で分ける

 妻:15,200万円 × 1/2 = 7,600万円
 子:15,200万円 × 1/4 = 3,800万円
 子:15,200万円 × 1/4 = 3,800万円

②それぞれに相続税率を乗じる

 妻:7,600万円 × 30% - 700万円 = 1,580万円
 子:3,800万円 × 20% - 200万円 = 560万円
 子:3,800万円 × 20% - 200万円 = 560万円

③相続税額を合計する

 ②で算出した相続税額、1,580万円 + 560万円 × 2人 = 2,700万円

④財産の取得割合に応じて相続税を負担

 相続財産2億円の内、1億5,000万円分を妻、残りをそれぞれの子供2人で分けた場合
 妻:2,700万円 × 1億5,000万円/2億円 = 2,025万円
 子:2,700万円 × 5,000万円/2億円 = 337.5万円
 子:2,700万円 × 5,000万円/2億円 = 337.5万円
 ※配偶者の税額軽減を適用した場合、妻の納税は生じません。

相続税の速算表

法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円以上 55% 7,200万円

相続税がかからなくても申告が必要

小規模宅地等の特例や配偶者の税額軽減など特例適用により相続税がかからない場合でも、申告が要件となりますので注意が必要です。

また、上記特例は、相続税の申告期限内(10カ月)に遺産分割が決まっていることも要件となります。
つまり、遺産分割でもめてしまうと、特例が使えないこともあります。そのようなことにならないためにも、生前から遺言で準備しておくとよいでしょう。

前のコラム 次のコラム

相続税コラム・一覧へ

相続税申告のご相談・お問い合わせ
相続かるた
辻・本郷 税理士法人

私たちは、税務会計をご支援する辻・本郷 税理士法人の相続税専門チームです


上へ

お問い合わせ
0120-912-914
【受付】平日9時〜17時半 ※土日祝除く