相続税の申告手続き・手順

相続開始から相続税申告までの手続き・手順(申告期限は10カ月)

相続が発生したら、いつまでに何をしないといけないでしょうか?
相続税申告書を提出し、税金を納付するまでの手続き・手順をご説明します。

相続開始から申告書提出・納付まで、相続税の申告手続き・手順

①財産や債務の概要を把握

 遺産の概要を把握し、相続を放棄するかどうか決めます。

②相続人の確認

 被相続人と相続人の本籍地から戸籍謄本を取り寄せます。

③相続の放棄または限定承認(3カ月以内)

 相続の放棄又は限定承認をする場合には、その旨を家庭裁判所に申述します。

④相続人の青色申告の届出(通常4カ月以内※)

 被相続人の事業を引き継ぐ場合には、相続人が新たに青色申告の届出をする必要があります。
 ※相続開始日によって提出期限が異なりますので、ご注意ください。

相続開始日 提出期限
1月1日~8月31日 相続開始日から4カ月以内
9月1日~10月31日 その年の12月31日
11月1日~12月31日 翌年の2月15日

⑤所得税の申告と納付(4カ月以内)

 被相続人の死亡した日までの所得を申告します。

⑥遺産や債務の調査/遺産の評価・鑑定/遺産分割協議書の作成/相続税申告書の作成

 I. 遺産・債務の調査は現物で確認します。
 III. 遺産分割協議書の作成時に相続人全員の実印と印鑑証明が必要になります。
 IV. 相続税申告書の作成時に納税資金についても検討します。

⑦遺産の名義変更

 遺産分割協議書のとおり遺産の名義を順次変更していきます。

⑧相続税の申告と納付(10カ月以内)

 相続税申告書を所轄税務署に提出し、かつ納税を済ませます。

ぜひ「相続税申告の流れ」、「相続税評価額」も合わせてご覧ください。

相続申告のお問い合わせはこちら
相続かるた
辻・本郷 税理士法人

私たちは、税務会計をご支援する辻・本郷 税理士法人の相続税専門チームです


上へ

お問い合わせ
0120-912-914
【受付】平日9時〜17時半 ※土日祝除く